呆れた

ゲンの前半と後半を分ける前に、現実と漫画の区別を

付けてくれんかね。

 

”反日教育”に使われてるなら、そのプログラムが問題

なのであって、漫画の問題ではなかろう。

 

本質から目を逸らし”楽な敵”叩いて溜飲下げてんじゃ

ない。

 

自身が持ち出したロジックの怖さに気がつかないのか?

言葉を入れ替えただけで、”ウヨ”だろうが”ホシュ”だろ

うが、狩り放題だぞ?

 

 

だから、途中から共産党、日教組の意向に沿った内容に変わっているのだ。閲覧制限当たり前ではないか。

 

だから、途中から自民党、日本会議の意向に沿った内容に変わっているのだ。閲覧制限当たり前ではないか。

 

 

自身の主張に理があると思うなら、”臭いものに蓋”では

なく、”その本はおかしい、故にその点を指摘した

この文献も入れるべき”と主張すればいい。

 

カウンターとなる本の収録を拒めば、それこそ不正な

根拠の証となるだろう。

 

どうして”無かったこと”にしたがるのか?

反論するだけの論理構築が出来ないのか?

 

圧力を掛け”思想”を”強要”するのでは、サヨクと

変わらんよ。

我々はそんな屑教師に散々煮え湯を飲まされてきた

のではなかったか?

 

同じ事を、将来ある若人にするつもりか?

国を背負う若者は、貴方方の奴隷ではない。

自身の主張を正しいと奉ずるなら、論理で戦え。

 

無菌培養し、洗脳しようと思うな。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:2959 最後に更新した日:2014/01/01

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM